夏の翼

 

電子書籍

小説 45字x21行 1033ページ 四編構成

一、落花流水 編   二、天衣無縫 編

三、一期一会 編   四、相思相愛 編

 

PDF形式の電子書籍です。本を開くように、二ページを一画面に表示させることができます。

印刷可能。

 

初章を立ち読み(無料)→   <  PDFで読む  >

 

 

サインをお付けします。ご注文画面の「メモ」に宛名を記してください。
何もご指定がない場合は、ご注文者のお名前を宛名に致します。
 

デジタル商品の特性上、送信後の返品・返金はできません。
お届けは『宅ふぁいる便』を使用します。送信から72時間以内にダウンロード保存してください。
万一ダウンロード保存に失敗した場合は、無償で何度でも送信いたします。

 

ご注文フォームのメールアドレス記入を携帯のものにして、さらにパソコンからのメール着信拒否設定をされている方は、特に電子書籍をお買い上げの場合、ご案内のメールを差し上げることも、作品を送ることもできません。

 

着信拒否設定を解除していただくか、パソコンのメールアドレスをご記入ください。

 

 

※振込先はゆうちょ銀行です。インターネットバンキングが利用できます。

ゆうちょダイレクトにご加入の方は、原則として手数料が無料です。

またゆうちょ銀行のカードか通帳をお持ちの方は、ゆうちょ銀行のATMでお支払いの場合、手数料が無料です。

(窓口では手数料が発生します。)

 

¥2,000

読者の言葉

○人生のすべてが集約された最高最良の小説

○自分の目指す旅と人生がここにあった。
○圧倒的な感動、気がついたら朝だった。

○今までに読んできた本と、読後に残るものが全く違う。
○読み終わって、あんまり心臓がバクバクしてたから脈計ったくらい。 
○完全に一緒に旅をしていた。もうすっかり優里のとりこだわ。
○ライダーとして、楽しく読めたなんてレベルを超えたものを体感しちゃう。
○震えるほどに写実的で、夢を見るように幻想的。
○最後の五ページ、完璧すぎて…。

 感動という言葉も、超えてしまったような気がします。

 

                               読者の感想 



 

夏の翼   井上勝夫 著

 

一、落花流水 編  二、天衣無縫 編  三、一期一会 編  四、相思相愛 編

 

 

―― 世界で一番の自由を体感する物語。感動を超えた結末に、人生が変わる。――

 

    この小説のあらすじを語ることは、著者である僕にとっても、非常に難しい。ものすごく簡単に言えば、
   男と女が出会い、ともに北海道を旅しながら恋をして、互いの理解を深め成長していく物語、ということになってしまう。

    

    もちろんそれだけでは不完全すぎる説明だし、恋愛小説とか、旅小説にくくってしまうのも違う気持ちがする。
   これは理想を求める人生の物語だ、と言うのが、多分に抽象的ではあるが、一番納得できる説明となる。 

   

    主人公である海(かい)も優里(ゆり)も、ただもうひたすら自分の正しいと信じる道を歩く。

   たとえそれが周りの人間から否定されようと、神から間違いだと言われようともかまわない。自分の心にのみ従って、

   世界で一番自由だと思える旅を続けていくのだ。

    

    そんな二人の人生哲学こそが、物語の骨格を造っていると言っていい。言い換えればこれは、哲学書であり
   自己啓発書だ。美しく楽しく生きたいと思い、行動することによって、結果的に二人は良い人間となっているが、
   良い人間であらねばならないと思っているわけではない。二人とも何にも束縛されることなく、時には無法とも
   思えるほどの行動をする。そのくせそこには底抜けの明るさがあるために、天からの祝福さえ勝ち取るような
   不思議な正当さが出現してしまうのだ。   

 

    結局、小説とはまず、主人公の行動を描くものであると思う。心理描写はそれに付随するものでいい。
   この物語はかなり細かな心理描写をしているが、それ以上に登場人物たちの行動の連続だ。
 
    北海道の誰も知らないような大自然を旅する彼らとともに、読者は現実の風景を見て、自分もその只中にいる
   気持ちになるだろう。そうしていつの間にか、颯爽として痛快な行動をする旅人となっているはずだ。

    

    しかしながら、物語が急転する第四編からが『夏の翼』の本領である。「相思相愛 編」というタイトルには、
   少々逆説的な意味を込めている。そもそも僕は、愛という言葉が好きではない。今の時代、あまりにも簡単に
   誰もが使い、何でもかんでも愛と名づけたり、恥ずかしげもなく口に出すのを、いい気持ちで受け止めていない。
   自分の小説の主人公に「愛してる」というセリフを言わせるのも嫌だと思っているくらいだ。

 

    だが最終章に入って、これは愛の物語以外の何物でもなくなる。そしてまた、神の正体さえ解き明かそうとする
   禁断の域に立ち入っていく。
    読者はくれぐれも覚悟してほしい。この物語がその終着点に帰結するとき、なぜこれほどまでに長大な文章が
   必要だったかを、雪崩を受け止めるような衝撃で悟る必要があるからだ。
    そしてラストシーンに至る壮大な仕掛けに気づいたとき、再びこの物語を初めから読み返したくなるはずだ。
   永遠の循環をする物語は、生涯忘れられないものとなり、きっとあなたの人生を豊かなものにしてくれるだろう